ディープラーニングとは?

ディープラーニング(深層学習)とは、大量のデータを学習する技術です。

 

大量のデータ学習を行うには、人間の脳を模倣した「ニューラルネットワーク」を駆使します。

 

画像認識に強みを持つディープラーニングの技術は、物体の特徴を画像から正確に特定することに長けています。

 

*「猫」で例えるディープラーニングの解説。

① 「猫」として分類された画像データをAIに与えると・・・
猫 猫 猫 猫

deeplearning

② 猫の特徴をAIが自動で学習する

・耳が立っている

 

・四足歩行

deeplearning

・猫背である
・人間と暮らす場合がある

deeplearning

③ 未見の画像が猫かどうかを自動で判断する

猫

〇 これは猫である!

猫

× これは猫じゃない

AI元年の2017年

日の出と富士山

AIは、IoT(Internet of Things=モノのインターネット化)、VR(virtual reality:バーチャルリアリティ=仮想現実)、AR(Augmented Reality:オーグメンティッド・リアリティ=拡張現実)などの時代の新潮流の製品と相性が良いのですが、これらの製品が実用的になって販売され始めたのが、2016年です。

 

そして、2017年は、「AI元年」と呼ばれ、今後は更に自動運転システムのようなサービスも続々と登場するでしょう!

 

また、IOTとAIの融合が日常生活にもたらす影響は、想像以上に大きいと言われています。

 

例えば、高齢者の顔色を判断し、AIが適切な処置を施す介護ロボットなどが開発されれば、私たちの介護負担が軽減されるだけでなく、人手不足も解消されるかもしれません。^^

 

今後、AIと上手く付き合っていくための「AIリテラシー」を身に付けることによって、AI時代を快適に過ごせるでしょう。

 

「AIの歴史」へ

「機械学習と深層学習の違い」へ

免責事項

※お申し込みをされる際は、各ロボアド会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。